尾行ブログ

尾行ブログです。

注意点

印鑑梅田

本当に、心の底から要らんお世話なのかもしれませんが。。。

張り切って、横文字アルファベットを用いて法人用の印鑑を作成する際の注意点をお伝えしておきますね。

わかったような顔しながら、横文字アルファベットを用いて法人用の印鑑なんかを作成しようとすると、しばしば印面の文字表記がアホみたいに長ーくなってしまうことがあると思います。

ですがね、日本国内における法人用の印鑑のサイズにはちゃんとした規定というものがあるわけなのですよ。

もしかして経営者の皆さん、知らなかったんじゃないですか?(笑)

あまりにも、長すぎるぐらい長いアルファベット横文字を印面上に彫刻してしまうと、それこそ印面上の文字が人間の肉眼では見えにくくなってしまう恐れがあります。

だから、日本国内における法人用印鑑のサイズの規定については、経営者各々で十分な勉強や注意が必要となるわけなのであります。

話は思い切り変わりますが、いわゆる印相学によると、女性の名前は横彫りタイプ、男性の名前は縦彫りタイプがよい、とされています。

その理由としましては、男性向け縦彫りタイプは繁栄や成長につながり、横彫りタイプは安定につながるとされているからであります。

いわゆる一つの印相学という学問を、張り切って実印を彫られる際の一つの参考資料に採用してみてもいいのかもしれませんよね。

知らんけど。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です