尾行ブログ

尾行ブログです。

天台宗の焼香

遺体運ぶ

 

天台宗という宗派の葬式では、基本的なご焼香の回数は3回と決まっているのであります。

天台宗という宗派の葬式におけるご焼香では、当たり前ながらまず合掌礼拝をします。

それから、右手の親指・中指・人差し指の3本指で香をつまみ取ってください。

そして、右手に左手をガッチリと添えてから額(デコ)にいただいた後、ご焼香いたします。

この「右手の親指・中指・人差し指の3本指で香を軽くつまみ取り、右手に左手をガッチリ添えてから額(デコ)にいただく動作」を3回イヤがらずに繰り返したのち、再度合掌礼拝をこりずに行うわけなのであります。

くれぐれも、右手に添えた左手で自分の脈拍数を測ったり、つまんだ香の匂いを嗅いだりしないように注意してくださいね!

ただし、天台宗という宗派では、別にご焼香の回数を明確に公表はしているわけではないので、ご焼香の回数が1回だけの場合もあったりしますよ。

天台宗という宗派の葬式において、お線香でご焼香をする場合には、使用するお線香の本数は1本もしくは3本であります。

天台宗という宗派の葬式における葬儀総合司会から、事前にお線香の本数に関する案内があった時は、葬儀総合司会によって案内されたお線香の本数に素直に従います。

お線香を使ってのご焼香の手順は、まずお線香を左手に持って、ろうそくでしっかりと火を付けます。

この時、不意にお線香から上がった火は、アホみたいに「フーッ!!!」っと息を吹きかけて消したりせずに、手でパタパタと仰いで消すようにしましょう。

お誕生日ケーキのローソクを消すみたいにお線香の火を消したりしたら、その場でバカ扱い決定的であります。

また、お線香を使ってのご焼香の際、左手に数珠を持っている参列者の方たちは、お線香の煙を左手の数珠にかけてあげたりします。

そして、お線香の本数が1本だけの場合は、真ん中に立てますね。

一方、お線香の本数が3本ある場合には、手前側に1本、奥側に2本を立てたりします。

天台宗という宗派の葬式にも、いろいろ段取りやマナーがあるんですね!

大変だなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です