尾行ブログ

尾行ブログです。

子犬

子犬であれば、「要求咆哮」というのがほとんどみたいです。

ですが、過度ともいえるしつけをしたら、威嚇するように吠え始めるケースだってあるみたいなので、必要範囲内でしつけをしましょう。

柴犬というのは、無駄吠えみたいな問題行動をしやすいタイプと考えられます。

つまり、無駄吠えのしつけは「苦労する可能性も大いにある」と考えておいたら賢明だろうと思います。

精神がか細い犬は、結果として多く無駄吠えするようになってしまうと聞きました。

つまり、危険への警戒や恐怖心のための錯乱による行動と考えられています。

よく、しつけ教材では「吠える頻度が高い犬をどうやったら静かにできるか」といった方法ばかりに焦点を当てています。

しかし、吠えるその原因がそのまま残っているとすると、テクニックも役立たないでしょう。

このごろ、犬好きな方に支持されてペットとして飼われているチワワなのですが、ちゃんとしつけることができないこともあって、大変悩んでいるペットオーナーさんたちも大勢いらっしゃるのが現実です。

ポメラニアンについては利口な犬であることから、子犬期でもしつけを行うことも十分できます。

とりあえず一般的なしつけは、生後6か月の間にするのが最も良いと思います。

今後、吠える犬をしつける際は吠えてしまう犬について認識してから、取り組まなければ駄目です。

しつけを成功させる大切な心構えです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です